患者数が急増している梅毒

STD tips

梅毒患者数はここ数年急増しています

TOP > 性病(STD)の種類 > 梅毒 > 患者数が急増している梅毒

梅毒はここ数年で感染者数が急増している性病です。

急増し続けている梅毒

梅毒は治療法が確立されており、梅毒に感染しても医療機関で適切な治療を受けることで完治できる病気です。そのため、近年ではではあまり見られない病気となっており、梅毒患者数は10年ほど前までは年間で1,000人未満で推移していました。

最近10年ほどは梅毒患者数が増加中

しかし、近年長い間あまり見られない病気として、年間の患者数が全国でも1,000人に満たない状況にあった梅毒ですが、平成25年ごろから患者数が増加傾向となり、令和3年では全国で7978人の梅毒患者が報告され、令和4年に至っては10月26日の時点で10,000人を超えています。

これは、患者数が増加傾向となる前の平成23年と比べるとおよそ10倍以上にもなる数です。

梅毒:症状や感染しやすい行為などの梅毒の詳細はこちら

梅毒患者は20代女性が中心

2022年11月3日の読売新聞(ヨミドクター)で先天梅毒に関する記事が掲載されました。

この記事によれば、令和4年の梅毒患者数は、11月1日の時点で現在の集計方法となって以来初めて梅毒の患者数が10,000人を超え(10,141人:速報値)ました。

また東京都感染症情報センターによれば、東京都に限っても、11月1日の時点での梅毒の感染者数が分かっているだけでも2,983人となっています。

梅毒患者については男性では20代前半から50代まで幅広くいるのに対して、女性では特に20代に患者が目立つことから、母子感染による「先天梅毒」が心配されています。

妊娠中に梅毒に感染した場合、流産や早産の原因となることがありますが、生まれてくる赤ちゃんにも梅毒が感染していることがあり、これが「先天梅毒」です。

読売新聞(ヨミドクター)の記事によれば、「妊婦が妊婦健診で梅毒の感染に気づいてすぐ治療した場合、母親の胎盤を通じて胎児に感染する先天梅毒は14%で、治療しない場合先天梅毒となる割合は高まる」とあります。

参考:国立感染症研究所
参考:東京都感染症情報センター
参考:読売新聞(ヨミドクター)

気になるときには検査を

ここ数年で梅毒患者が急増している原因ははっきりしていませんが、こちらの記事 によれば、産婦人科医で日本家族計画協会の北村邦夫理事長の話として、

「SNSの利用など風俗業の業態が変化し、病気の検査をしていないケースが増えた

とあります。

実際には風俗業に従事しているかどうかに関係なく梅毒患者が増加していることもあり、たとえ性行為を特定のパートナーのみと行っているとしても、感染の可能性はあると言えます。不特定多数のパートナーと性行為を行っているのであれば、意識して「梅毒と言う病気」を気にかけておいた方がいいでしょう。

上記のように、現在では梅毒は医療機関で適切な治療を受けることで完治できる病気です。気になることがあれば、迷わず検査を受けることが梅毒の感染拡大を防ぐ重要な方法と言えます。

気になったら匿名の郵送検査

性病検査は郵送で受けられます

おりもののにおいが気になったり、デリケートゾーンに違和感があるときは、性病の可能性が気になると思います。でも、病院で検査を受けたくても恥ずかしかったりして病院に行かれない場合には、郵送で受けられる性病検査を受けてみましょう。郵送検査では匿名で誰にも知られずに正規の性病検査が受けられ、自分だけが検査結果を知ることが出来ます。

匿名でできる郵送性病検査について詳しく

このサイトに掲載している症状や治療例などについてはあくまでも参考例です。実際の各個人の症状や病気に当てはまるとは限りません。実際に症状や体調などが気になる場合や病気の場合には、医療機関もしくは検査機関で検査を受け、治療に関しては医師の診察を受けてください。