淋菌感染症(淋病)

STD tips

淋菌感染症について

TOP > 性病(STD)の種類 > 淋菌感染症(淋病)

淋病と呼ばれる淋菌感染症は、性器クラミジア感染症とともに感染者の多い病気です

淋菌感染症(淋病)とは

淋菌は感染力が強いことが特徴です

一般的に淋病と呼ばれる淋菌感染症は、性行為によって淋菌に感染することで起こる病気で、性器クラミジア感染症とともに感染者の多い病気で、淋菌感染者のうち20~30%でクラミジアにも感染しているとされます。

淋菌は感染力が強いことが特徴で、コンドームなどを使用しない性行為を行った場合、感染する確率は30~50%と言われています。また、クラミジア同様にのどにも感染します。

淋菌感染症の症状は、女性ではおりものの増加や下腹部の傷み、不正出血などがありますが、症状が出ないことも多くあります。対象的に男性でははっきりとした症状があらわれ、尿道から膿が出る、排尿時の激しい痛み、尿道のかゆみなどがあります。

女性の場合あまり症状がでないことが多いのですが、気づかないまま放置すると、卵管炎や骨盤腹膜炎になることがあり、また、不妊の原因ともなります。

淋菌感染症(淋病)の症状

男性であれば主に尿道炎の症状

男性の場合では、淋菌に感染してから2~7日後に尿道炎の症状である、おしっこの際の痛みや膿のような分泌物が尿道から出るようになります。この膿のような分泌物がたくさん出ることもあります。

女性の場合はおりものの増加など

女性が淋菌感染症(淋病)になった場合は、おりものが増えたり、不正出血することがありますが、実際には症状のないことの多い病気です。

女性の淋菌感染症(淋病)は性器クラミジア感染症と同様に症状が無いために気づかずに放置されることもある病気ですが、放置すると卵管炎・骨盤腹膜炎・腹膜炎・子宮内膜炎・子宮外妊娠・急性膀胱炎・不妊症などの原因となることがあります。

また、気づかないままに性行為をして、パートナーを淋菌に感染させてしまうことにもなります。

あらゆる性行為で感染する淋病

淋菌感染症(淋病)は淋菌が粘膜や精液、膣分泌物によって感染することでおこりますが、淋菌はクラミジアと同様に喉にも感染する菌なので、フェラチオやクンニリングスといったオーラスセックスでも感染しますし、アナルセックスなどの行為にって直腸に感染する場合もあります。

淋菌の咽頭感染

淋菌感染症(淋病)はのど(咽頭)にもうつる病気です。

淋菌はクラミジア同様にセックスだけでなく、フェラチオやクンニリングス、アナルセックスなど、あらゆる性行為によって感染する病気で、のど(咽頭)にも感染します。

ただし、のど(咽頭)淋菌が感染した場合でも、男女ともに症状が無いことが多いために、気づかないことが多くあります。注意しなければならないのは、膣や男性器が淋菌に感染している人の10~30%はのどにも淋菌に感染しているため、気づかないでパートナーに感染させてしまったり、オーラルセックスによって何度も性器が感染したりします。

性病の検査によって淋菌感染症(淋病)が疑われる場合には、パートナーと一緒に治療して、咽頭(のど)についても検査してもらうようにしましょう。また、郵送検査でも一度に検査すること出来ます。

気になったら匿名の郵送検査

性病検査は郵送で受けられます

おりもののにおいが気になったり、デリケートゾーンに違和感があるときは、性病の可能性が気になると思います。でも、病院で検査を受けたくても恥ずかしかったりして病院に行かれない場合には、郵送で受けられる性病検査を受けてみましょう。郵送検査では匿名で誰にも知られずに正規の性病検査が受けられ、自分だけが検査結果を知ることが出来ます。

匿名でできる郵送性病検査について詳しく

新型コロナの抗体検査も郵送で

性病ではありませんが、今現在検査方法や検査数などの充実が必要とされている新型コロナウィスル感染症についても、新型コロナウィスルの抗体検査を郵送検査で受けることができます。

このサイトに掲載している症状や治療例などについてはあくまでも参考例です。実際の各個人の症状や病気に当てはまるとは限りません。実際に症状や体調などが気になる場合や病気の場合には、医療機関もしくは検査機関で検査を受け、治療に関しては医師の診察を受けてください。