梅毒

STD tips

梅毒について

TOP > 性病(STD)の種類 > 梅毒

ここ数年で感染者数が急激に増加している性病です。

梅毒とは

日本では感染者数が増加している性病です

梅毒は梅毒トレポネーマという病原体がさまざまな性行為によって、血液、精液、膣分泌液を経由して感染し、梅毒による病変が口内にある場合には、唾液を経由してキスでも感染する場合があります。また、妊娠中に胎児が母体内で胎盤を通して感染する母子感染することもあります。ペニシリンという薬が開発されるまでは不治の病で、死に至る病気でした。

日本では一時期感染者数が激減していましたが、ここ数年で感染者数は急増しています。

梅毒の症状は病気の進行具合によって4段階(4期)にわけることができ、1期(感染後3週間から3か月)では陰部や口などに傷みの無いしこりができたり、太もも付け根のリンパ節がはれたりします。これらは2~3週間で症状が消え、2期までの潜伏期間となります。

現在では治療方法や薬の発達によって、全身に症状があらわれて重症化する3期、4期に進行することはほとんどないとされますが、治療の開始が早いほど治療期間が短く済み、治療の開始が遅れれば治療期間が長くなります。

梅毒の症状

梅毒は感染後に症状があらわれては消える、と言う状況を数年にわたって繰り返しながら重症化していき、症状の進行具合によって1期から4期に分けれらています。現在では治療方法が確立されているために、3期以降の梅毒はほとんど見られないとされていますが、治療されない場合最終的には死に至る病気です。

第1期では陰部などに痛みのないしこり

梅毒に感染しても感染後3週間程度は症状がありません。その後、おもに陰部に初期硬結と呼ばれる痛みのないしこりができます。しこりの大きさは小豆粒程度から指先程度の大きさで、くちびるや指先などに現れることもまれにあります。その後、太ももの付け根あたりのリンパ節が腫れてきます。

ただし、これらの症状は2~3週間で消えてしまい、また、痛みを伴わないために気づかれないまま放置されるケースも多いとされます。

第2期では全身に赤いぶつぶつ

梅毒に感染してから3か月後程度でまた症状が出始め第2期となります。第2期の症状は手のひらや足の裏を中心に全身に発疹(赤いぶつぶつ)が現れ、肛門や外陰部には淡紅色から灰白色のじめじめした扁平コンジローマと呼ばれるかたまりができます。

全身に現れる発疹には、赤褐色から赤銅色の発疹の丘疹性梅毒疹、手のひらや足の裏に現れる赤褐色から赤銅色の梅毒性乾癬、顔面や四肢などに現れる梅毒性バラ疹、扁平コンジローマなど、さまざまなものがあります。

さらに、口のなかに梅毒性アンギーナと言われる症状がでたり、脱毛が見られることもあります。

梅毒の第2期ではこのようにさまざまな症状が、3か月~3年にわたってあらわれますが、第1期と同様にやがて症状が見られなくなり、その後第3期へ移行していきます。

現在ではほとんど見られない第3期第4期

以前は最終的には死に至ることもあった病気ですが、現在では治療法が確立されているため、第3期以降の症状がみられることはほとんどなくなっています。

梅毒の早期発見早期治療を

感染しやすい性病です

梅毒はセックスによって血液、精液、膣分泌液を経由して感染しますが、オーラルセックス、アナルセックスなど、あらゆる性行為によって感染する病気です。また、梅毒の症状に現れる発疹部には病原体が多く含まれているために、傷口などから感染することもある、感染しやすい性病です。

一度症状が出ても気づかなかったり、やがて症状が消えてしまうために本人の自覚が無いこともありますが、感染後は梅毒の症状が進み続けていますので、感染している場合は出来るだけ早い時点で治療を受けることが重要となります。

また、母子感染する病気ですので、妊娠中などに気になる症状がある場合には検査を受けるようにしましょう。

参考:梅毒の母子感染、乳児5人死亡例

急増している梅毒患者

最近の5年間で5.5倍の感染者

梅毒は昔は多くの感染者がいて、治療法も確立されていなかったために死に至ることもある病気でした。一時は国内で20万人以上の感染者がいたとされる病気ですが、戦後になり治療法が確立されたことにより、梅毒感染者の数は激減して長い間「あまり見られない病気」となっていました。

しかし、ここ数年では増加傾向にあり、2011年からの5年間で感染者数は5.5倍と急増しています。特に20代の性行為が盛んな年代の女性で大きく増加しています。

また、これらの感染者数については、医療機関で梅毒と診断されて報告された数のため、実際にはこの3倍程度の感染者がいるとの見方もあります。

参考:梅毒の流行状況(東京都 2006年~2017年のまとめ)

気になったら匿名の郵送検査

性病検査は郵送で受けられます

おりもののにおいが気になったり、デリケートゾーンに違和感があるときは、性病の可能性が気になると思います。でも、病院で検査を受けたくても恥ずかしかったりして病院に行かれない場合には、郵送で受けられる性病検査を受けてみましょう。郵送検査では匿名で誰にも知られずに正規の性病検査が受けられ、自分だけが検査結果を知ることが出来ます。

匿名でできる郵送性病検査について詳しく

このサイトに掲載している症状や治療例などについてはあくまでも参考例です。実際の各個人の症状や病気に当てはまるとは限りません。実際に症状や体調などが気になる場合や病気の場合には、医療機関もしくは検査機関で検査を受け、治療に関しては医師の診察を受けてください。